ピンク水着のバトントワリング高校No.1JKが家族でチャレンジ

ピンク水着のバトントワリング高校No.1JKが家族でチャレンジ プールで体力測定チャレンジ

こんにちは。

YouTuberのマチカドです!

現在はブロガー兼同人グラビアアイドル監督とも名乗らせていただいております!

プールに遊びきている素人の方に声をかけ、独自のチャレンジメニューに挑戦してもらって体力を測定する企画をやっています。

今回は5組目の挑戦者の動画を紹介します。

なんと一家で挑戦してくれました!

YouTuberとしての反省も書いていくので、YouTubeやってみようかなという方はぜひ参考にしてみてください!

ピンク水着のJKとその兄弟姉妹の画像
ピンク水着の可愛い女子に体力測定チャレンジをお願いしたら兄弟姉妹みんなで挑戦することに!

一家がプールでYouTubeチャレンジ企画に挑戦する動画

ついに黒ビキニ以外の水着の挑戦者が登場。

ピンクの水着が似合っていますね。

めちゃくちゃ笑顔が可愛いJKさんです。

なんと、バトントワリング高校№1らしいです!

体操とかそういった魅せる系の競技は笑顔も重要ですよね?

だからこんなに自然に綺麗な笑顔を作ることができるのでしょうか?

このチャンネル、いわゆるアスリートではない素人の挑戦を売りにしているのですが、全国1位は運動における素人と言っていいものなのか・・・。

可愛ければなんでもいいですね!

JKさんは家族でプールに遊びに来ており、最終的にお姉さんや弟さんもチャレンジに挑戦してくれることになりました。

ピンク水着のJKが目つぶり片足キープチャレンジしている画像
目つぶり片足キープチャレンジ

まずは目をつぶって片足で30秒間キープする比較的難易度の低い種目に挑戦です。

高校№1JKからすればこんな種目余裕でしょ?

ピンク水着のJKが目つぶり片足キープチャレンジしている画像
目つぶり片足キープチャレンジ

余裕でクリアかなと思っていたらけっこう危なくないですか?

結果はまあ・・・成功ですね!

黒水着の専門学生が目つぶり片足キープチャレンジしている画像
目つぶり片足キープチャレンジ

この種目に関しては専門学生の長女さんの方が安定感がありますね。

運動神経に優れた一家ですね!

ピンク水着のJKが片足スクワットチャレンジしている画像
片足スクワットチャレンジは大変!

片足スクワットチャレンジ、女性は5回できたら成功です。

ピンク水着のJKが片足スクワットチャレンジしている画像
片足スクワットチャレンジ

この種目に関してはてこずるのはしかたないですね。

男性でもできない人多い種目ですから。

それにしても笑顔が可愛い!

黒水着の専門学生が片足スクワットチャレンジしている画像
片足スクワットチャレンジ

あれ?

長女さんすごくないですか?

安定感が半端ない!

ちなみに挑戦者は全員で4人です。

次女であるピンク水着のJKさんの他には長女の専門学生さん。

黒い水着ですね。

これで黒い水着5組連続達成です(笑)

黒水着しばりしていないんですが。

あとは弟さん2人が挑戦してくれました。

参加はしませんでしたが、お父さんとお母さんにお兄さんも見守っていました。

大家族の挑戦ですね。

黒水着の専門学生がベリーボタンチャレンジしている画像
両手でのベリーボタンチャレンジ

ベリーボタンチャレンジは上半身の柔軟性に関しての挑戦となります。

自分のお臍を背中から回した手でタッチできれば成功です。

両手はほとんど無理ゲーですね。

でも長女さん柔らかいです。

ピンク水着のJKがベリーボタンチャレンジしている画像
片手ベリーボタンチャレンジ

片手でも難易度高めの種目です。

ピンク水着のJKがベリーボタンチャレンジしている画像
片手ベリーボタンチャレンジ

なんとかクリア!

ドヤ顔も可愛いです。

ピンク水着のJKが両手ベリーボタンチャレンジしている画像
両手ベリーボタンチャレンジ

両手での成功者はいつ現れるのか?

みんなとても楽しそうに挑戦をしてくれました。

お姉さん2人のお姉さんっぷりがいいですね!

微笑ましいです。

2人の男の子もがんばってくれました!

みんなこのドローインチャレンジはちょっと恥ずかしかったみたいです。

ピンク水着のJKがドローインチャレンジしている画像
ドローインチャレンジ

お腹を凹ませ30秒間キープしてインナーマッスルの力を測定するチャレンジです。

ただ凹ませるだけでは面白くないので、お腹に巻いたテープをお腹を元に戻す力できることができれば成功という形にしています。

ピンク水着のJKがドローインチャレンジしている画像
ドローインチャレンジ

テープを巻き終えてから30秒のカウントを始めます。

結局ドローインを30秒以上やらなければいけないのでテープを巻く時間を早くして負担を減らすことが重要です。

補助をする人との連携も大事になってきます。

黒水着の専門学生が前屈柔軟チャレンジしている画像
前屈チャレンジ

前屈チャレンジは手が地面につけば成功です!

長女さん柔らかいですね!

ピンク水着のJKが前屈柔軟チャレンジしている画像
前屈チャレンジ

次女さんもやはり柔らかい!

本当にポテンシャルが高い一家です。

ピンク水着のJKが開脚柔軟チャレンジしている画像
さすがバトントワリング全国№1!

もともとのチャレンジ種目にはありませんが、得意そうな気がしたので開脚をやってみてもらいました。

さすがです!

ピンク水着のJKが開脚柔軟チャレンジしている画像
横の開脚は縦ほど得意ではないのかな? とはいえすばらしい!

横の開脚はどうやら縦の開脚ほど得意ではないようです。

でも、十分柔らかいですよね。

次女ちゃんだけじゃなくこの一家はみなさん運動神経がすばらしい。

男の子たちも将来有望です。

ちなみに男の子たちは小さいので、男性用メニューではなく女性用メニューで挑戦してもらいました。

黒水着の専門学生が腕立てふせチャレンジしている画像
綺麗な姿勢で腕立てふせ!

女性は腕立てふせ10回できればチャレンジクリア!

さすがです!

ピンク水着のJKが腕立てふせチャレンジしている画像
綺麗な姿勢で腕立てふせ!

長女さんも次女さんも綺麗な姿勢です。

さすがですばっかり!

最後まで明るく楽しい家族でした。

挑戦ありがとうございました。

最後にチャレンジの感想をみなさんに聞いたのですが、まったく挑戦していないお父さんが出てきて「えー、本当に疲れました」と言ってくれたのには笑いました(笑)

黒水着の専門学生が腹筋ローラーチャレンジしている画像
腹筋ローラーチャレンジ

立った状態から腹筋ローラー5往復に挑戦です。

さすがの長女さんも難しい様子。

ピンク水着のJKが腹筋ローラーチャレンジしている画像
腹筋ローラーチャレンジ

次女さんも挑戦。

この姿勢の時点では余裕そうです。

さすがの体幹ですね。

ピンク水着のJKが腹筋ローラーチャレンジしている画像
腹筋ローラーチャレンジ

「これくらいでいい?」

とある程度のところまで姿勢をキープしつつできていました。

ピンク水着のJKが腹筋ローラーチャレンジしている画像
腹筋ローラーチャレンジ

さすがの次女さんもしっかり往復は難しかったです。

でももう少し判定を甘めにすればできたと言えなくもない感じでした。

ピンク水着のJKが膝つき腹筋ローラーチャレンジしている画像
膝をついての腹筋ローラーチャレンジ

膝をついてのチャレンジもやってもらいました。

ピンク水着のJK達の父親が登場した画像
お父さん登場

最後にチャレンジ企画の感想を聞いたところ、参加してないお父さんが登場。

見事なボケを入れてくれました(笑)

可愛い女子にYouTube出演依頼したら家族がついてきました

ピンク水着のJKと黒水着の専門学生の姉妹が写真を撮っている画像
とっても仲がいい姉妹ですね!

撮影2日目の2組目です。

可愛いピンク水着の女の子がいたので声をかけました。

「え! 面白そう! お姉ちゃんもやろ!」

「あの子たちにも聞いてみよ」

「あ、お父さんお母さんー!」

親御さんまでいらっしゃいました・・・

弟たちも

「「やる!」」

やる気満々です。

1番上のお兄ちゃんとご両親は見学するということでしたが、計4人の挑戦となりました。

一応可愛い女の子メインで企画をやってもらっていると説明しましたが、小さい男の子はやっちゃダメとはもはや言えません。

もう弟たち目がキラキラしてましたから。

スマホを1台お兄ちゃんにも渡してカメラマンになってもらい撮影を開始しました。

YouTuberとしての反省点

YouTuberとして今回の動画に関する反省を挙げていきます。

動画時間8分にとらわれすぎていました

ピンク水着のJKと黒水着の専門学生の姉妹が膝つき腹筋ローラーチャレンジしている画像
コツをつかむのがうまいお姉さんが妹に伝授

前回の記事で動画を分けることについて書きましたが、今回はさすがにやりすぎました。

動画の構成がダラダラとしたものになっています。

この動画を作ったときは動画の長さ8分ということにとらわれていました。

YouTubeでは8分以上の動画には広告を2つ以上つけることができます。

だから収益化した後のことを考え、長い動画にしようとしていたのですね

ですが撮影した素材の節約のために動画1本1本を小分けにすることと、動画の時間を長くすることが両立できるはずがありません。

結果として、メリハリのない編集となってしまいました。

ただ、この動画を投稿したときはチャンネルの伸びが好調でこうしたことには気づきませんでした。

出演者たちの可愛さのおかげですね。

動画が暗いので撮影時か編集時には露出を上げるべき

ピンク水着のJKと黒水着の専門学生の姉妹が膝つき腹筋ローラーチャレンジしている画像
膝つき腹筋ローラーチャレンジのやり方を教えています

この動画を見て画面が暗いなあと思いませんか?

実はこの動画の撮影時はとても晴れていたんです。

ではなぜ、こんなに画面が暗いのか?

理由は2つあります。

  • 撮影時にカメラをオートにしており露出などを設定しなかった
  • 動画編集時に色を一切いじらなかった

YouTuberとして慣れてきたら、画面の明るさに気を配ることが重要です。

画面が明るいだけで垢抜けた画面になります。

人物を移す際にも画面が明るいと綺麗に見える効果があるんです。

プリクラなどはこの効果を使っていますね。

明るくする方法はたくさんありますが、ここではかんたんなものを紹介します。

1つは撮影時にカメラの露出度を上げること。

オートだと勝手にこの露出を調整してしまいます。

とくに日差しが強い日などは、バランスを取ろうと露出を大きく下げてしまうので人物が暗く映ってしまうのです。

スマホでもできますので、撮影時にはまず露出を変えることを意識しなければいけませんね。

もう1つの方法は編集時に色を変更することです。

動画編集の色調に関しては高い知識と技術が必要ですが、露出を上げるだけならかんたんです。

初心者YouTuberの方はぜひやってみてください。

私は次の回の中盤から、このことに気づき編集時に色を明るくすることにしました。

次のチャレンジ

前のチャレンジ

街カド体力測定とは

タイトルとURLをコピーしました